成文化セミナー体験報告

文京支部3月例会 経営者としての覚悟 プレイングマネージャーからの脱却

「会社が苦しい。3億の借金があり自宅も抵当に入れられている。手伝ってくれないか」
17年前に母から突然語られたサンワ印刷紙工(株)の現状は、自由気ままにOL生活を謳歌していた乾氏にとってまさに青天の霹靂でした。全くの未経験である印刷業界に飛び込み我武者羅に365日営業し、気が付くと10年が経ち、なお、「売り上げ」に追われる生活。社内は個人商店でしかないギクシャクした雰囲気となっていました。こんな会社を変えたい!と模索していた時に、地元後継者塾から同友会を紹介される。2012年同友会への加入と同時に藁をもつかむ気持ちで「経営指針成文化セミナー」を受講。経営理念を作成し3S運動など、様々な施策を行うも、見えない「ビジョン」、変わらない社内の雰囲気。そして2018年4月、正式に代表取締役に就任を期に、再度経営指針セミナーを受講。
文京支部では同氏の17年間の軌跡と、2回の経営指針成文化セミナーで学んだ経営者としての「在り方」「覚悟」、「社員とのコミュニケーション」の実践をお話しいただきます。

詳細及び参加申込はこちらから
https://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=20095

次の記事

5/25 女性部総会